相続

遺産引き継ぎのトラブルを回避するには

遺産の引き継ぎ時に多いトラブル例が、不動産を複数の法定相続人で取り合うといったことです。そのような争いで仲の良かった家族関係にひびを入れることはありません。そのようなトラブルを回避するため、司法書士として公正証書遺言依頼を承っております。法的に強力に機能する遺言書と、遺産の現金化をサポートします。
何か大きな利権が絡んでくると、対人関係トラブルの火種が発生してしまうことが多々ございます。その一つに遺産相続があり、もし遺産に高額な不動産があり、それを複数人で引き継ぐとなった場合、相互理解が深い誠実な関係性でない限りは取り合いになることも少なくはないでしょう。それを予防するために、生前に公正証書遺言を作成しておくことが大切です。行政書士として法的に有効な遺言書を作成しつつ、不動産会社の経営者として遺産を売却して現金化することによって、お客様の家族関係が円満なまま保たれるようお手伝いいたします。