s-AdobeStock_202702727
不動産4
不動産5
全ての手続きをワンストップでご提供します
法務事務所が運営する不動産会社
Concept

 法務事務所が運営することで不動産売買や相続にワンストップで対応できます

Concept
Concept
Concept

 法務事務所が運営することで不動産売買や相続にワンストップで対応できます

 遺言書の作成に司法書士、不動産売却に不動産会社、各種税金対策に税理士といった具合に、相続対策をしつつ不動産という高価な財産を次の世代に遺す場合、いくつかの相談先を自ら決定し、相談する必要があります。
 しかし実際は「どこに頼めば良いかわからない!」「そもそも相談先が多くて自分では探せない!」という状況になってしまいます。
 この点弊社は、法務事務所が運営する不動産会社であるため、遺言書の作成から不動産の売却・税金対策(複数の東京都内の税理士事務所と提携しております)まで、ワンストップでサービスをご提供・サポートすることができます。
 その結果、全体的なコストもリーズナブルになり、費用面でも時間や手間の面でもゆとりを持つことができます。
特徴
  •  相続や認知症の方に関する不動産のお悩み、どうかご相談ください

     不動産相続トラブル回避のための遺言書作成、認知症の方の成年後見人となっての不動産売却、その他の節税対策など、ワンストップで解決致します。
相続は遺言書で9割決まる!

日本一わかりやすい、家族が揉めないための終活の本

相続は遺言書で9割決まる!
 プロに相談するかどうかで天国と地獄の差がつく!
 自分の死後に子供同士が揉めないために、
親が認知症になったり、死亡した際にお金の問題で悩まないために、みんなで考えたい老後のお金問題。
 家族全員に知って欲しい相続とそれに関連する重要な制度を、
司法書士として12年間、相続問題を解決してきたプロが赤裸々にお話しします!
 相続、成年後見人制度、民事信託の3つの構成で成り立つ本書は、次のような悩みをもった人にぴったりの内容になっています。
「自分の死後に子供同士で揉めて欲しくない」
「みんなが幸せになる相続を行いたい」
「遺言書を作っておきたい」
「実は隠し子がいるので、そちらにも遺産を残したい」
「認知症になったとき自分の財産がどうなるか知りたい」
「成年後見人制度について詳しく知りたい」
「自分が認知症になったら子供に資産運用を託したい」
「民事信託について詳しく知りたい」
「誰に相談していいのかわからない!」
「他の人の相続の体験談を聞いてみたい!」
 相続や老後のお金の話をしっかり考えてみたいなら、本書を読んでください。
 それぞれの制度について、どのような場合に利用すべきか?
 どこにどのように相談して進めていけば良いのか?
 この一冊で具体的な解決策が分かります!
認知症による不動産売却
認知症による不動産売却
認知症による不動産売却
認知症による不動産売却
TOP・コンセプトのテキストTOP・コンセプトのテキストTOP・コンセプトのテキストTOP・コンセプトのテキストTOP・コンセプトのテキストTOP・コンセプトのテキストTOP・コンセプトのテキストTOP・コンセプトのテキストTOP・コンセプトのテキストTOP・コンセプトのテキスト
Message

書籍の出版実績がある代表が直接サポート

『相続は遺言書で9割決まる!~日本一わかりやすい、家族が揉めないための終活の本~』(clover出版)等の書籍を出版した経験のある現役司法書士である代表が自ら、専門知識を活かして遺言書の作成や認知症の事案(成年後見事案)、相続に関する不動産の問題などをトータルサポートいたします。
代表 挨拶
福田 亮
代表取締役
所有資格

 司法書士・行政書士・宅地建物取引士・マンション管理士など

経歴

 中高6年間一貫教育の学校を5年で退学、その後は通信制高校を卒業。

 大学には進学せず、フリーター時代を数年間過ごしました。

 その後一念発起し、23歳で司法書士試験合格、25歳で現在の司法書士ふくだ総合法務事務所を開業しました。

 2022年現在で開業14年目になります。

挨拶
「認知症になってしまった親の不動産をどうすればいいか悩んでいる」というようなお悩みを抱えてはいませんか??  認知症になった方が所有する物件を売却す...
「認知症になってしまった親...
依頼、相談の流れ
依頼、相談の流れ
依頼、相談の流れ
依頼、相談の流れ
TOP・コンセプトのテキストTOP・コンセプトのテキストTOP・コンセプトのテキストTOP・コンセプトのテキストTOP・コンセプトのテキストTOP・コンセプトのテキストTOP・コンセプトのテキストTOP・コンセプトのテキストTOP・コンセプトのテキストTOP・コンセプトのテキスト
VOICE

依頼人様からいただいた感想の一部を紹介

 弊社にて担当させていただいた事案(遺言書作成を通じた円満相続の実現、行き詰っていた認知症の方の不動産問題の解決、相続に関する問題の解決など)につき、実際の依頼人様の許可を得た上で掲載させていただきます。
ロゴ
孤独死した弟の相続と相続し...
こちらとは以前、過払い金の返還請求をお願いしたことで縁があ…
AdobeStock_329261115
成年後見申し立てから不動産...
当方、目黒区支援センターです。目黒区内で一人で住んでいる高…
不動産19
遺産分割協議から不動産の売...
文京区に住んでいる60代の主婦です。父が亡くなりましたが、…
Access

駅から徒歩4分(東急目黒線洗足)の事務所で相談を受付中

ふくだ法務不動産株式会社

住所

東京都目黒区洗足2-15-22 山中ビル1階

電話番号

03-6451-2600

03-6451-2600

営業時間

9:00-21:00

アクセス

「相続人がもめないように遺言書を作成しておきたい」「認知症の親の不動産売却で困っている」「成年後見人になってくれる人を探している」など、このようなご相談を洗足駅徒歩4分のアクセスで受け付け、無料の出張相談にも対応いたします。

Q&A

よくある質問

相続に関連する不動産の問題や認知症等が関係する事案(成年後見事案)につき、よくある質問を掲載しております。
Q 後見、保佐、補助の違いはなんですか 後見、保佐、補助の違いはなんですか
A

判断能力の程度によって違ってきます。
本人が自分の財産を管理や処分する判断能力がない状態や出来ない状態など判断能力が全くない方は「後見人」常に援助支援が必要な状態で判断能力が著しく不十分な方であれば「保佐」援助支援が必要な場合がある状態で判断能力が十分でない方ならば「補助」に該当します。

Q 財産が全然ないと、成年後見人はつけられませんか 財産が全然ないと、成年後見人はつけられませんか
A

成年後見制度は、財産のある方だけのための制度ではなく、財産がなくても利用することができます。

Blog

 不動産相続に関する情報や成年後見に関する事案(認知症等が関係する事案)の紹介などの情報を発信

 認知症の方の不動産売買、遺言書の作成による不動産相続トラブルの回避など、これらの問題解決に役立つノウハウや情報を、コラム記事を通して発信いたします。